2017年07月23日

「ゲームOK」の子の方が勉強に集中し、親との会話も長い……朝日小学生新聞調査

1: ノチラ ★ 2017/07/13(木) 14:47:20.84 ID:CAP_USER.net

家庭内でゲームOKの子どものほうが、ゲーム機を持っているが禁止されている子より勉強への集中力が高く、宿題も自主的に取り組む――朝日学生新聞社は7月12日、こんなアンケート結果を発表した。家庭での親との会話時間も、ゲームOKの子の方がNGの子より長いという結果だ。

 「朝日小学生新聞」読者を対象に6月、ネットでアンケートを行い、小学1年生〜6年生の男女457人から回答を得た。
http://image.itmedia.co.jp/news/articles/1707/12/l_yx_game_01.jpg

ゲーム機を持っている子ども(370人・全体の81.0%)に、ゲームで遊んでいいか聞くと、「遊んでいいが、ルールがある」が91.9%、「遊んでいいし、ルールもない」は3.5%、「遊んではいけない」は4.1%だった。

 ゲームをする時のルールの内容は、「ゲームをする前に、宿題や勉強をすませないといけない」(67.9%)、「1カ月/1週間/1日に何時間までゲームをしてもいいか決められている」(56.8%)、「夜遅くにゲームをしてはいけない」(49.1%)などだった。
http://image.itmedia.co.jp/news/articles/1707/12/l_yx_game_03.jpg

学校の成績の自己評価をゲームに関するルール別で見ると、「成績がいいと思う」「まあまあいいと思う」と答えた割合は、ゲームOK(94.9%)でもゲームNG(93.3%)でもほとんど差がなかった。親にも同じ質問をしたが、回答はほぼ同じだった。

 1日の勉強時間をゲームのルール別で見ると、ゲームOKの子は82.3分、ゲームNGの子は89.0分と、NGの子の方がやや長かった。「ゲームOKの子どものほうが効率よく勉強ができているとも言える」と同社は指摘する。

 勉強への集中力について子どもに聞くと、ゲームOKの子どもの「集中してできる」の回答は81.0%、ゲームNGは73.3%と、OKの子どもの方が集中力は高いようだ。

 勉強と遊びの切り替えが得意か聞いたところ、「得意」と答えたのはゲームOK・NGとも約60%とほとんど同じ割合。ゲームOKの子のうち、ルールがない子は、84.6%が「切り替えが得意」と回答した。同社は「勉強と遊びの切り替えにゲームは悪影響をもたらさないことは確かなようだ」としている。
http://image.itmedia.co.jp/news/articles/1707/12/l_yx_game_05.jpg
以下ソース
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1707/12/news100.html

http://www.asagaku.com/osirase/press/img/20170712.pdf


続きを読む
posted by つるぴかゲハ丸くん at 10:00 | Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年07月22日

ポケモンGO、日本の1人あたり課金額が群を抜いて突出していた

1: ノチラ ★ 2017/07/14(金) 15:33:57.60 ID:CAP_USER.net

http://iphone-mania.jp/wp-content/uploads/2017/06/raids-e1497888460901.jpeg
人気アプリ「ポケモンGO」がリリースされてから1年が過ぎ、ピークからプレイヤー人口は90%減少したと言われています。しかし、課金額はそれほど落ち込みを見せておらず、コアなプレイヤーによって、ゲームが支えられていることも分かっています。なかでも1人あたりの課金額で突出している国が、日本です。
1人あたりの課金額では他国を圧倒

調査会社SensorTowerによると、ポケモンGOはリリースされてから、App StoreとGoogle Play合計で3億2,900万回ダウンロードされ、12億ドル(約1,350億円)の収益を稼ぎ出したとされています。

このうち、アメリカでは1年間でおよそ4億2,400万ドル(約480億円)、日本では3億1,800万ドル(約360億円)の売り上げがあったとみられています。国別でみると、アメリカが市場規模としてはトップで、日本は2位です。

しかし、プレイヤー1人あたりの課金額でみると、日本だけが突出していることが分かりました。グラフでは、日本での1人あたりの課金額が26.0ドル(約2,940円)となっており、2位であるアメリカの7.7ドル(約8.700円)に4倍近くの差をつけていることが確認できます。
http://iphone-mania.jp/wp-content/uploads/2017/07/pokemon-go-revenue-per-download-e1500012553707.png
ポケモンGOに限らず課金を好む傾向

SensortTowerは、もともと日本のプレイヤーが課金しやすい傾向にあることを指摘します。

例えば昨年、ポケモンGOに限らないゲーム一般で、平均ユーザーの消費金額はアメリカで2ドル(約200円)でした。これが日本では14ドル(約1.580円)にまで増大します。

また、Supercellのクラッシュ・ロワイヤルでも、日本のプレイヤーは23ドル(約2,600円)を課金しており、アメリカの22ドル(約2,500円)をわずかながら上回っています。
http://iphone-mania.jp/news-175331/


続きを読む
posted by つるぴかゲハ丸くん at 22:00 | Comment(0) | ポケモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三大RPGで解せない事「野生のモンスターが金を落とす」「道端にある宝箱」

1: 【中国電 - %】 ◆fveg1grntk @\(^o^)/ 2017/07/15(土) 07:45:55.38 0.net

あと一つは?


続きを読む
posted by つるぴかゲハ丸くん at 17:00 | Comment(0) | ゲハ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PS4で発売される巨影都市とかいうゲーム

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 18:33:09.08 0.net

ウルトラマンとかゴジラが暴れる街から避難するゲームって絶対面白いやろ
くっそ興奮する
https://youtu.be/q_N72EBYRpE



続きを読む
posted by つるぴかゲハ丸くん at 10:00 | Comment(0) | PS4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ファミ通元編集長、任天堂のスイッチ「ゲームソフト戦略成功」

1: ノチラ ★ 2017/07/19(水) 00:33:26.76 ID:CAP_USER.net

ゲーム情報誌「ファミ通」の元編集長でカドカワ(9468)子会社のGzブレイン社長を務める浜村弘一氏は18日、日経CNBCの番組に出演し任天堂(7974)の「ニンテンドースイッチ」ついて「ソフトのラインアップ戦略も成功している」と語った。

 スイッチの販売面の特徴について、浜村氏は「任天堂のゲーム機は一般的に親子で遊ぶため、10代と40代の購入が目立つ。ただ今回はコアなゲームファンである20〜30代も取り込めている点が異なる」と指摘する。

 その上で、「ソフトのラインアップ戦略も成功している。『ゼルダの伝説』の発売後も『マリオカート』や『スプラトゥーン』、『マリオ』と発売日が既に決まった人気ソフトがある。継続して楽しむ仕掛けができている」と話す。ゲームファン以外を取り込めた点も大きい。浜村氏によると「買った人の20%が普段はゲームをしない。購入検討者のうち45%以上が日常的にはゲームをしない層で、ゲームファン以外も取り込んだ」という。

 スマートフォン(スマホ)とスイッチの競合の可能性については否定する。浜村氏はむしろ「スマホがスイッチの販売を押し上げるだろう」とみる。「ポケモンGO」がはやった際を例に挙げ、「その後発売した『ポケモン』新作は記録的に売れた。アニメや玩具で遊んでいる人が初めて家庭用ゲーム機で楽しむといった相乗効果が起きたからだ。他のシリーズでも同様の現象が期待できる」とみる。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL18HGP_Y7A710C1000000/


続きを読む
posted by つるぴかゲハ丸くん at 17:00 | Comment(0) | ファミ通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スマホアプリ「Nintendo Switch Online」配信開始 「スプラトゥーン2」でボイスチャット可能に

1: ノチラ ★ 2017/07/19(水) 13:33:09.51 ID:CAP_USER.net

 任天堂は7月19日、「Nintendo Switch」のゲームでオンライン対戦できるサービス「Nintendo Switch Online」と連携し、プレイヤー同士でボイスチャットなどができる無料のスマートフォンアプリを、iOS/Android向けに公開した。「スプラトゥーン 2」発売日の21日に公開予定と予告していたが、早まったようだ。無料。
http://image.itmedia.co.jp/news/articles/1707/19/yx_nin_02.jpg

Nintendo Switch Onlineは、他のプレイヤーとの対戦や協力プレイなど、オンラインプレイを楽しめるサービス。当初は無料で利用できる(2018年から月300円〜年2400円の有料化を予定)。

 公開されたスマートフォンアプリを使えば、対戦成績の確認や、対戦相手の招待、対戦しながらボイスチャットが可能になる。誘う相手は、Switchで「フレンド」に登録している友人か、ほかのメッセンジャーアプリ、SNSを通じて招待できる。

 まず21日発売の「スプラトゥーン2」に対応。対戦しながらチャットしたり、専用サービス「イカリング2」で、ステージやランキング、個人戦績のチェック、ゲームで利用する「ギア」の注文などが可能だ。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1707/19/news078.html


続きを読む
posted by つるぴかゲハ丸くん at 10:00 | Comment(0) | 任天堂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする